【債務整理】個人再生の仕組みについて

借金を返済していくことが困難になってしまった人が、法律に則って借金返済の負担から解放される方法として債務整理が用意されています。 債務整理にはいくつかの方法がありますが、借金の総額を圧縮してもらうことができれば返済し続けていけるという場合に利用できる方法が、個人再生です。

あらかじめ3年なり5年といった返済期間を決めて、その間に借金の完済を目指す方法ということになりますので、収入が全くなく、 返済の目処を立てることができないという人は個人再生の手続きを利用することができません。 そのような場合には、自己破産による債務整理を行うことになります。

個人再生は、簡単に言うと、債権者と債務者の間に家庭裁判所が入り、借金減額の方向での話し合いを仲介し、 債務者が無理なく返済できる程度の金額にまで借金を圧縮するという方法です。 住宅ローンの残高を減額することはできませんが、それ以外の借り入れ金を対象とした借金総額が圧縮されることになります。

どの位減額されることになるのかというと、だいたい5分の1程度にまで減額されます。 たとえば1000万円の借金があった場合でも、200万円に減らしてもらえるようになるため、自己破産せずに済ませられるケースが多くなります。

債務者が自己破産してしまうと、債権の大半を回収できなくなってしまう場合が多いため、 5分の1程度であったとしても回収できるようにした方が得策だと考える債権者が少なくありません。 そのため、この個人再生の手続きを取ると、比較的スンナリと減額交渉に応じる債権者が多いです。

ただし、先程も述べた通り、住宅ローンの残高を圧縮してもらうことはできませんので、 5分の1程度に圧縮された借金と住宅ローンの返済を続けていけるだけの支払い能力が要求されることになります。 完全に借金返済から解放されるという方法ではありませんが、自己所有財産を手放すことなく借金返済の負担を軽減できるというメリットがあります。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP