過払い金が発生している可能性

最近よく見聞きするようになった言葉に、過払い金と呼ばれるものがあります。 過払い金とは、過去に金融業者の貸金サービス、いわゆるキャッシングサービスやカードローンサービスなどを利用して借金をして、 その返済をしていたことがある方、あるいは現在も返済を続けている方がその対象者となっている可能性が大いにある問題となっているため、 心当たりがある方はこの問題に対してより関心を持つことをオススメします。

この問題は、近年になって貸金業法が一部改正されたことによって生じた問題であり、借金の返済にあたって払いすぎていた利息分の金額を、 請求を行うことによって過払い金として返還してもらうことが可能なものとなっています。

ある程度まとまった金額の借り入れをしていた、借金の返済を5年以上に渡って行っていたといった方は、 過払い金請求が可能な対象者であるケースが多いため、まずはこの問題の解決に取り組んでいる 法律事務所や司法書士事務所などに相談を行なってみるのをオススメします。

この問題は、自分が対象者だとまだ気が付いていない潜在的な対象者の方がのべで数万、数十万といった数でいるのではないかとされている問題でもあるのです。 そのため、各法律の専門家がこの問題に精力的に取り組んでおり、またその相談に関しては無料での受付をしているケースも多くなっています。

より気軽に相談が可能になっていることで、これらの潜在的な対象者の方を、一人でも多く請求ができるようにはからってくれているのです。 また、この相談や請求の代行を依頼するのであれば、少しでも早く取り掛かるといいでしょう。

これは、過払い金請求には期限が定められているためであり、借金の完済から10年が経過してしまうと、請求をすることができなくなってしまうためです。 また、現在も借金を返済し続けている対象者の方であれば、請求によってその借金の元金を大幅に減額できるため、少しでも早いに越したことはありません。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP