これから株を始めようと思っている初心者さんへ向けた株サイト

株取引ってどのようなもの?という疑問にお答えします。おすすめの証券会社紹介もあり!

SBI証券

■株の勉強をしたい!

通常株を始める場合は、最低でも10万円以上の資金が必要になります。株は1株あたりの金額は100~500円と安くても、それを1000株単位で購入するのが一般的で、企業によっては100株、500株単位で購入できるところもありますが、なかなか1万円程度の資金から始めるのは難しい仕組みになっています。しかし、株の勉強を始めたばかりだし、10万円と言えど初心者さんにとっては大事な資金です。万が一手持ち金を失ってしまうような損失をしないとも限りませんし、いきなり10万円単位から取引を始めるのは不安が大きいですよね。

実際に株の取引をして、勉強しつつ、資金を得たいとお考えの方には、SBI証券がおすすめです。業界最大手で安心の証券会社であることは勿論、ここではミニ株よりさらに小さな単位で取引ができるS株という扱いがあります。通常は1000株単位が主流で、それを100株単位程度にしたものがミニ株という扱いになっていますが、SBI証券のS株はなんと1株から購入可能です。1株500円なら、500円から取引ができるので、例えそれが損失となっても、大きな痛手にはなりません。例え1株であろうと株は株です。ちゃんと売買することができるので、株価の値動きやテクニカルなどをしっかり研究することが出来るのではないでしょうか。SBI証券の他にも、プチ株、ワン株などというネーミングで、1株から取引できるところはありますが、やはり業界最大手の安心感は大きいのではないでしょうか。

■ツールも充実しています

SBIで提供しているトレードツール「HYPER SBI」なら

完全リアルタイムの株価自動更新機能がついているので、デイトレードをする方にとっても便利だと言えます。他証券会社と比べて、取引手数料が比較的安価である点も、人気の理由のようです。10万、20万、50万、100万、300万(それぞれ以下)の取引の場合にかかる手数料のうち、50万円以上の取引をする場合にかかる手数料が、SBI証券の場合はとても安く設定されています。手数料金の設定は各証券会社ごとにまちまちなので、一番取引が多くなりそうな価格帯の手数料が安いところを探すと良いかもしれません。

例えば1回の手数料が200円程度だと聞くと、初心者さんは「安い」と思ってしまうかもしれませんが、慣れてくると1日のうちに数回取引が発生することもあり、月換算すると手数料だけで数万円の出費になることも少なくありません。手数料は勿論、戻ってくることのないお金なので、SBIのように、S株があり、手数料が安いところは、初心者さん向けだと言えるでしょう。


株の基本

株式投資とは、どのような仕組なのでしょう?
株を始めるために必要な資金はどのくらい
株を買うだけでは意味がない?取引しよう
証券会社を利用するメリットについて