これから株を始めようと思っている初心者さんへ向けた株サイト

株取引ってどのようなもの?という疑問にお答えします。おすすめの証券会社紹介もあり!

楽天証券

■文句なし!不動の一番人気

楽天証券は、ネット証券最強と言われる「マーケットスピード」というトレーディングツールを利用できるのが最大の特徴です。このツールを利用するには3ヶ月3000円という利用料金がかかるのですが、個人投資家向けにプロ水準のツールを提供しているのは楽天証券だけです。このツールは完全リアルタイムの株価自動更新機能を搭載したオンライントレード用のソフトウェアで、値動きをじっくり観察したい初心者さんは勿論、長期投資家の方々や、熟練のデイトレーダーをも唸らせる、強力な投資ツールとして使われています。利用料金は3000円ですが、例えば3ヶ月以内に1度でも手数料の発生する取引をすれば料金は無料になりますし、新規の利用から3ヶ月も無料になっているので、実際に取引をする投資家さんならば、実質無料でこのツールが使い放題ということになります。

また逆指数が使えるネット証券としては、最安値の手数料であることも人気の理由の一つで、手数料にはワンショットコースと1日定額コースの2種類があります。通常の証券会社では口座開設の際に4000円の収入印紙を添付した書類を提出する必要がありますが、楽天証券では印紙が不要です。プロ水準の取引が実現するツール、マーケットスピードにはモバイル版も用意されているので、常にパソコンの側にいるわけではない!という方でも、安心して取引することができます。勿論携帯ツールとしても、このトレーディングツールは他会社に類を見ない高性能で、群を抜いています。利用料は無料ですが、パケット代金は別途かかりますので、パケット定額プランなどに加入してからご利用くださいませ。

■情報料金が無料

株を行うに当たって一番気になるのが様々な分野におけるニュース(情報)だと思います。

楽天証券で口座を開設すると、ログインすればすぐに、多くの株式情報を無料で閲覧することができます。ロイター通信の速報ニュースを、プロ投資家と同じタイミングで提供しているロイターニュースでは、日本だけにとどまらず海外関連ニュースも充実しています。ラジオNIKKEI記者が、東京証券取引所内から直接配信する速報ニュースもありますし、フィスコ社が動きの大きな銘柄や話題性の大きい銘柄を、テクニカルも含めて報じてくれる情報もあります。日本経済新聞社が提供する、日本最大の株式データベース「日経テレコン21」も無料で見ることができますし、東洋経済新報社が有料で提供している「東洋経済オンライン」も無料で見ることができます。


株の基本

株式投資とは、どのような仕組なのでしょう?
株を始めるために必要な資金はどのくらい
株を買うだけでは意味がない?取引しよう
証券会社を利用するメリットについて