これから株を始めようと思っている初心者さんへ向けた株サイト

株取引ってどのようなもの?という疑問にお答えします。おすすめの証券会社紹介もあり!

株を買ったらやってみよう!

■株を買ったらどうするの?

株で得られる利益には「キャピタル・ゲイン」と「インカム・ゲイン」があることをご紹介しました。企業の売上に応じて配当金が貰えるインカム・ゲインの場合、どの程度の配当金が貰えるかは企業によって指定がまちまちですが、1株あたりおよそ10~50円程度が主流のようです。つまりこれを1000株持っていれば、年間で12~60万円程度の利益が出ることになります。しかし株価が上がり、手持ちの1000株をすべて売れば300万円の利益が出るとなれば、売却してしまうほうが得になる場合もあります。

いくら年間で60万円の配当金が得られたとしても、翌年も同じだけの金額が受け取れるとは限りません。企業の業績とは変動しやすいものですからね。株を購入した後、3分後に売却するのも、3年後に売却するのも自由ですが、自分にとって一番利益になる方法を選びたいと誰もが思っているはずです。売却した株価がその後も値上がりすれば、買戻ししたくなりますし、いつかは上がるだろうと期待して、いつまでも売却できずにいる場合もあります。しかし株は基本的に、持っているだけでは利益は出ないものと考えるものです。売り買いを行うことによってより多くの利益を狙うものですから、どんどん行動を起こしてみましょう。

■自分の中のルールを決める

人間には後悔と言うものがあります。

売るべきではなかった、買うべきではなかったと、株をやっていれば常に後悔の念に囚われてしまうでしょう。しかし後悔をすればするほど、自分でも信じられれないような行動をとり、さらに損を大きくしてしまうことも多々あります。株を行うときは自分の中でルールを決めることが大事。例えば株価の上下幅に制限をつけて、どこまで行ったら売る、どこまで行ったら買うかを決めてしまいます。そこから得られるもので満足し、それ以上を望むより、繰り返すことで地道に利益を増やすことを目的として行うのです。文章で書くと簡単なことのように思いますが、実際に10万、20万円のお金が関わってくると、少しの利益で満足する、後悔をしないということがとても難しくなってきます。

株は状況の先読みが重要であるのと同時に、自分との心理戦にもなります。孤独な作業が耐えられないときなどは、SNSなどを利用して、同じく株を行っている人たちと交流し、得した、損した…と、愚痴を言い合うことも、良いストレス解消法になるでしょう。しかし注意したいのは、他の人の意見に惑わされないこと。100%読みが当たる人なんていません。誰かのマネをして損をした場合、相手を恨んでしまうこともあるかもしれません。売買はあくまでも自己責任なので、注意してくださいね!

株の基本

株式投資とは、どのような仕組なのでしょう?
株を始めるために必要な資金はどのくらい
株を買うだけでは意味がない?取引しよう
証券会社を利用するメリットについて