初心者さんのためのFX基礎講座です。

まずは、FXがどのようなものであるのかを知る。調べる。勉強する。そこから始めるべきです!

FX独特の用語について

■レバレッジとは?

FXにはレバレッジ、スプレッド、スワップという、独自のシステムがあります。まずレバレッジとはFXの大きな特徴の一つであり、保有している資産以上の取引ができる仕組みのこと。例えば口座に100万円のお金を預けた場合、個人の人は最大で25倍のレバレッジを利かせることが出来るため、2500万円相当の大きな取引が出来るというわけです。FX会社はあくまでもユーザーを信用して、そのような行為を許しており、これがFXを信用取引と呼ぶ理由にもなっています。もちろん、レバレッジを利かせた取引で一気に莫大な利益を生み出せる場合もあり、その利益はまるまるあなたの一人だけのものになります。しかし逆に損失を出してしまった場合も、あなたが一人でまるまる背負うことになるということ。レバレッジの利用に失敗して、多くの人が資産を失ったため、現在ではレバレッジの倍率に規制が入っていますが、レバレッジという仕組みが、相変わらず金持ちにも貧乏にもなれる仕組みであることに変わりはありません。このシステムがあなたにとって、幸となるか、不幸となるか?

■スプレッドとは?

スプレッドとは、通貨ペアの売買取引の差額のこと。

例えばアメリカドル/円の買い取引で100円00銭、売りの取引で100円10銭になる場合、この差額の10銭のことをスプレッドと言います。この差額は基本的にFX会社の取り分となってしまうため、スプレッドの幅は狭い方が、ユーザーにとっては支払う手数料が少ないことを意味するので有利であると言えます。ユーザーにたくさん取引をしてもらおうと、FX会社は様々なキャンペーンを行ったり、スプレッドを安くしたりしているので、FX会社を選ぶときは、このスプレッドができるだけ狭い会社を選ぶことです。ただし扱う通貨によっては、例えばアメリカドルのスプレッドはAが安いけれど、ユーロならB社が安いなどという場合も多いです。まずは通貨について勉強してみることも重要ですね。また、スプレッドの幅は狭いけれど、約定率も低くなるという場合もあります。 FX会社選びは、まずある程度の知識を身につけてから行うべきかもしれませんね。

■スワップ

スワップとは通貨ペアの金利差です。

日本は特別金利が低いですが、各国は日本より金利が高い場合が多いです。そのため、金利の高い通貨を長く持っているだけで、金利が発生します。高い金利で有名な、豪ドル、南アフリカランドといった通貨を多く持っていれば、1日7円~10円の金利が得られ、1年間で2500円以上の利益がでるということ。世界中にはこの金利だけで優雅に生活している人もいるくらいなので、上手にできれば得をするシステムであることは間違いありません。

FXの基礎知識

他の投資にはない、特別な言葉があります
FXで良く耳にする言葉の意味を理解しましょう
遊び感覚で始めると、大きく資産を失うことに!
25倍が基本ですが、100倍することが可能